毛穴 洗顔

毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

頬のたるみ毛穴を朝と夜洗顔でケアする3つのポイントとは

読了までの目安時間:約 9分

 

<頬のたるみ毛穴のチェックリスト>

 

□ 鼻の脇〜頬に毛穴が目立つ
□ 毛穴は開いていても肌はサラサラ
□ 毛穴を触ってもザラザラしない
□ 毛穴のカタチが楕円形
□ 毛穴と毛穴がつながっているところも

 

問題は、加齢です。

 

頬に楕円形にびろーんと「たるみ毛穴」になっていませんか?

一方、加齢で肌のハリが失われて出現するのが、「たるみ毛穴」です。

 

肌の弾力がなくなるにつれ、毛穴が徐々にくぼんで「ろうと状」になり、大きくなったように感じられます。

 

さらに年齢に従って、丸かった毛穴が、肌の繊維の方向に沿って流れて楕円形に変化します。

 

こうした毛穴は、皮脂が少なく、肌がたるみやすい頬で目立ちます。

 

たるみ毛穴は乾燥によっても加速するので要注意です!

「朝」の頬のたるみ毛穴ケア3つのポイントとは

毛穴を水分で満たす

 

水分で肌を満たせば、毛穴は目立たない

 

日中の乾きを抑えれるかどうかが、毛穴目立ちをなくせるかどうかの分かれ目です。

 

そのために朝の保湿を充実させます。

 

拭き取り → 化粧水で水分を注ぎこみ、肌を水タンクのように満たします。

 

また入れた水分を蒸発させないよう、油モノ=乳液もマストです。

 

  • 引き上げ拭き取り

毛穴レスな肌を目指すには、最初に拭き取りです。

 

角質を取って、毛穴を目立たなくしながら、後のケアを入れやすくして、保湿&老化ケアの土台作りです。

 

下から上に引き上げるようにします。

  • 100回パッティング

 

パッティングで潤いを入れ込み、肌を中から立ち上がらせます。

 

化粧水をコットンがビシャビシャになるくらい取り、顔全体で100回を目安にします。

 

軽いたるみ毛穴なら、これだけで、消滅!

  • 潤い閉じ込め乳液

 

毛穴ケア=油は禁物

 

と思っていたら大きな間違いです。

 

たるみ毛穴の場合、潤いを逃がさないことが絶対です。

朝も乳液など、油分を含むケアは不可欠です。

 

頬は、たっぷり、Tゾーンは少なめに。

「朝」の頬のたるみ毛穴ケアでプラスαするなら

  • 疲れで毛穴クッキリなら朝マスク

肌がげっそりして毛穴が目立つと感じたら、マスクで即ふっくらさせます。

 

ベタつかない、洗い流せるクリームタイプがベストです。

 

塗ったまま他のこおtができるので、忙しい朝も実行可能です。

  • 乾きがひどい人はUV見直しを

毛穴と関係ないようで大ありなのがUVケアです。

 

たるみを引き起こすのは紫外線なのできっちり防止しましょう。

 

特に日中乾く人は、保湿&老化防止力の高いものに替えると肌がラクです。

  • 毛穴が目立つ午後はおやつケア

昼過ぎ、肌がカピカピになって、毛穴がくっきりしてきた・・・

 

メイクの上から「おやつケア」の出番です。

 

保湿美容液を少量、手のひらに薄くのばし、頬に軽く押し当てます。

 

この方法ならメイクくずれも起こりません。

「夜」の頬のたるみ毛穴ケア3つのポイントとは

毛穴3つポイント

 

保湿×老化ケアで肌奥からぷっくりアップ

 

乾燥と肌深部の老化がたるみ毛穴の根源です。
乾き→角層、老化→真皮の2方向から肌を底上げします。

 

方法は、ミルククレンジング&化粧水パックで保湿、そして美容液ではリアップがベスト。

 

状況に応じてスペシャルケアを加えて、肌のふっくら度を上げれば、バッチリです。

 

  • 時間差クレンジング

たるみ毛穴肌のクレンジング剤は、潤いを奪わないミルクタイプを使いましょう。

 

つける際は皮脂が多いTゾーンが一番です。

頬は後にして、クレンジング剤に振れている時間を短くします。

 

洗顔も同様です。

 

  • ひたひたコットンマスク

朝と同じく化粧水をパッティグしたら、夜はもう1ステップ、コットンマスクをします。

 

パッティングしたコットンに化粧水を少し足して薄く裂き、頬に貼り付け、5分ほど放置したら、剥がしましょう。

  • たるみ解消美容液

 

たるみ毛穴は、肌のたるみをケアしないことには解決しません。

 

というわけで頼りにしているのが、肌を内側から持ち上げ、ハリを出す美容液です。
最後に顔を手のひらで包み、入れ込みます。

「夜」の頬のたるみ毛穴ケアでプラスαするなら

  • 落ち込み毛穴にはマスクが効く

週に一度はシートマスクを習慣化しましょう。
肌を内側から持ち上げ、落ち込んだ毛穴をふっくらさせます。

 

たるみケア用のマスクを選び、状態がひどい日は、美容液と重ねて使ってもOkです。

  • 脱水毛穴をオイルマスクで復活

 

夏だって冷房の影響で肌は乾くものです。

 

夜、水分が抜けきった肌には、オイルのパワーを注ぎ込みます。

 

ケアの最後に多めの量を頬中心に塗ります。

 

マスク感覚でそのまま眠ると、翌朝には乾きも毛穴も消えるはずです。

  • たるみが加速する肌にマッサージ

フェイスラインの輪郭がぼやけるなど、たるみが進行してきたら、有効なのがマッサージです。

 

とはいえわざわざマッサージクリームを使うのは、面倒です。

 

リフト効果の高いクリームをつけるついでに実行しましょう。

 

最低限必要な化粧品3つがあなたを一生美肌へ導く

読了までの目安時間:約 7分

たくさんある化粧品。
実は、不要なものまで使っていることも。

 

さらに、意外なものが効果的な化粧品もあります。

 

この3つを揃えるだけで美肌への道が隠されています。

高い美容液よりも日焼け止めが老化防止に効果的?

 

実は、意外と知られていない事ですが、健康な肌は、

 

水と通すでしょうか?
それとも通さないでしょうか?

 

実は、水一滴も通さないんです。

 

それぐらい強固なバリアをはっています。

 

そのため、外部からいくらうるおいや有効成分を与えても真皮には届きません。

もちろん、表層にある角質層には浸透します。

 

でも、一方で、紫外線は、肌の組織にダメージを与えます。

 

水では届かない真皮にまで浸透するのが紫外線です。

 

さらに、紫外線は、今の肌の組織を壊すだけでなく、
これから生まれてくる新しい組織も壊します。

 

意外と知られていないのですが、それほど紫外線は強烈なのです。

 

紫外線

 

そのため、外に外出する時は、肌をしっかり守るために何よりも紫外線対策が重要です。

 

拘るなら、家の中に居る時でも、SPF20などの軽めの日焼け止めがオススメなぐらいです。

 

家にいるからと思って安心していると、たまに日焼けしている時ってありませんか?

紫外線は、ガラスも難なくすり抜けてきますからね。

 

もちろん、雨の日でも紫外線は出ています。

 

今日は雨だから、日焼け止め無しでもいいかな?と思わないように。

化粧水と乳液どっちが大事?化粧水ではない理由とは・・・

化粧水は、洗顔にしている人が多いですが、結構勘違いしている人もいます。

 

 

化粧水の主な成分は、水。
これだけでは保湿には力不足で、肌に浸透していません。

 

ここで大事な事は、「油分」です。

 

保湿には、この「油分」が大事なので、化粧水を塗った後に、
乳液やクリームを塗る事が大事です。

 

そうすることでより、肌に水分が行き渡ります。

 

2本もつけるのが面倒、またはお金がかかるという方は、
いっその事、化粧水を辞めて、乳液だけにしてみてください。

 

簡単に済ませられるのが乳液(クリーム)なんです。

 

先ほど、化粧水がなくても乳液(クリーム)があれば十分、とお伝えしました。

この乳液は実は、化粧している上から使っても効果的です。

 

化粧していて、乾燥してきた、と思った時は、化粧している上からでもいいので、
乾いてしまう前にこまめにクリームをつけ足してください。

 

改めて見直す必要な化粧品とは?

化粧水よりも乳液(クリーム)が大事とお伝えしましたが、
では、一体化粧品はどれだけあればいいのでしょうか?

 

クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム

 

全部あればそれはそれでいいでしょう。

 

でも、お金、時間がかかってしまいます。

 

また、あなたの肌に合う、合わないという問題もあります。

 

必要最低限の化粧品はいったいどれか?というと、

 

    • クレンジング
    • 保湿クリーム
  • 日焼け止め

 

この3点で十分なんです。

 

健康な肌は、外からの侵入を防いでくれる協力なバリアがあります。

 

そのため、気をつけるポイントは3つです。

 

    • 洗い過ぎない
    • 保湿で肌のバリアを補う
    • UVケアで、肌に侵入する紫外線をカットする

 

メイクを落とすときに、クレンジングを使うと思いますが、
洗い過ぎないぐらいがちょうど良いです。

 

よく肌を触ってもキュットするぐらいまで洗う人がいます。
それは注意が必要です。

 

また、ぬるぬる感が残ると、水で洗っている時に、
ゴシゴシこすったり、タオルでもこする事があります。

 

そうならないために、ファンケルのクレンジングオイルがおすすめです。

 

保湿の大事さは、先ほどもお伝えしました。

 

あとは、日焼け止め。

 

ファンデーションのような感じで、日焼け止めも出来るものが一番オススメです。

 

肌色の補正効果もありますからね。

 

天然100%オーガニックのウェアルーUVがファンデとしても使えて、日焼け止め効果もあるので、オススメです。

 

 

>>ファンケルのクレンジングオイルを見る<<

 

>>オーガニックのウェアルーUVを見る<<

 

 

毛穴のスキンケア方法
毛穴の悩み場所 体験談
洗顔を価格で選ぶ
人気記事ランキング
体験談・レビュー
クレンジング商品
洗顔商品
毛穴スキンケアコラム