皮脂 洗顔

毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

28歳なのに、38歳に見られる顔の原因は、肌に伸びがないこと!

読了までの目安時間:約 5分

初対面の人と話をしていて、想像以上に上の年齢を言われた時のショックと言ったら・・・

 

若いのに老けて見える人っていますよね。。

 

そういった人には、特徴があります。

 

それは、「肌に伸びが足りない」ことです。

 

化粧品でスキンケアをする時、この伸びに注目してするべきです。

 

◯70代のおばあちゃん

肌は乾燥していて、ツヤがない。
肌はもちろん伸縮性はなくて、ひっぱると元にもどらない。
なので、シワもはっきりと見えます。

 

◯10代の若い女性

若々しかった10代を思い出してください!
肌は伸縮性があって、ひっぱると伸びる。
手を離すとすぐにもどって、シワもたるみもない。
みずみずしくて肌に弾力があり、シャワーの水は弾いてくれる。

 

この肌の伸びがないから、あなたは38歳に見られます。
この伸びがあると、逆に25歳、26歳に見られます。

 

私ってまだまだ若い!と思えます。

 

肌の伸びは、表皮の仕組みを理解する!

 

肌の伸びは、皮膚の構造を知る事が大事です。

皮膚は、3層からできていますが、その一番外側、空気に触れている「表皮」で変わります。

 

<肌の構造>
・表皮
・真皮
・皮下組織

 

次に、表皮の構造を理解する必要があります。

 

<表皮の構造>

外側から順番
・角質層
・顆粒層
・有棘層
・基底層

 

この中でも、角質はよく聞く言葉ですよね。

角質層は、ブロック状の角質が重なりあってできています。
この角質層があるお陰で、いろんな物質が肌の奥底に入る事を阻止しています。

でもこの角質層は、ただ、あるだけではなく、交互に重なりあっています。

 

この重なり合うことが重要で、間には、「保湿因子」があり、表面をコーティングしているのが「皮脂」です。

 

車の表面が傷つかないようにコーティングしたりしますよね?
床にワックスを塗ったりしますよね?

 

あれはどちらも傷つかないようにするためですが、肌も同じです。

 

肌が傷つかないように、皮脂がコーティングしています。

こう説明すると、意外と皮脂の重要さがわかってきます。

 

皮脂は、皮脂腺から出てくる脂分と汗が混ざり合ってできる天然のクリームです。

オイリー肌でテカって困る!という人もいるとお見おますが、本来は、肌の表面を守ってくれています。

 

バリア機能を果たしてくれているのが「皮脂」です。

 

この皮脂が正しく分泌されていないと、肌が伸びないし、バリア機能が低下して、外敵が肌の奥に侵入してきます。
そうすることで、肌トラブルが増えていきます。

 

美肌には、「皮脂」のコントロールが重要

 

こう考えると、皮脂がどれだけ重要かわかります。

 

洗顔で洗いすぎて、皮脂を摂り過ぎたりしているといつまで経っても肌は良くなりません。

 

洗顔の回数、方法を見直す
クレンジングを見直す

 

などなどがあります。

皮脂をとり過ぎないように、適度に残す。

脂ギッシュだな?と思わない事です。

 

適度な皮脂は、天然のクリームです。

 

摂り過ぎると、肌トラブルが加速します。

毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

 

この記事に関連する記事一覧

毛穴のスキンケア方法
毛穴の悩み場所 体験談
洗顔を価格で選ぶ
人気記事ランキング
体験談・レビュー
クレンジング商品
洗顔商品
毛穴スキンケアコラム