毛穴 洗顔

毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

28歳なのに、38歳に見られる顔の原因は、肌に伸びがないこと!

読了までの目安時間:約 5分

初対面の人と話をしていて、想像以上に上の年齢を言われた時のショックと言ったら・・・

 

若いのに老けて見える人っていますよね。。

 

そういった人には、特徴があります。

 

それは、「肌に伸びが足りない」ことです。

 

化粧品でスキンケアをする時、この伸びに注目してするべきです。

 

◯70代のおばあちゃん

肌は乾燥していて、ツヤがない。
肌はもちろん伸縮性はなくて、ひっぱると元にもどらない。
なので、シワもはっきりと見えます。

 

◯10代の若い女性

若々しかった10代を思い出してください!
肌は伸縮性があって、ひっぱると伸びる。
手を離すとすぐにもどって、シワもたるみもない。
みずみずしくて肌に弾力があり、シャワーの水は弾いてくれる。

 

この肌の伸びがないから、あなたは38歳に見られます。
この伸びがあると、逆に25歳、26歳に見られます。

 

私ってまだまだ若い!と思えます。

 

肌の伸びは、表皮の仕組みを理解する!

 

肌の伸びは、皮膚の構造を知る事が大事です。

皮膚は、3層からできていますが、その一番外側、空気に触れている「表皮」で変わります。

 

<肌の構造>
・表皮
・真皮
・皮下組織

 

次に、表皮の構造を理解する必要があります。

 

<表皮の構造>

外側から順番
・角質層
・顆粒層
・有棘層
・基底層

 

この中でも、角質はよく聞く言葉ですよね。

角質層は、ブロック状の角質が重なりあってできています。
この角質層があるお陰で、いろんな物質が肌の奥底に入る事を阻止しています。

でもこの角質層は、ただ、あるだけではなく、交互に重なりあっています。

 

この重なり合うことが重要で、間には、「保湿因子」があり、表面をコーティングしているのが「皮脂」です。

 

車の表面が傷つかないようにコーティングしたりしますよね?
床にワックスを塗ったりしますよね?

 

あれはどちらも傷つかないようにするためですが、肌も同じです。

 

肌が傷つかないように、皮脂がコーティングしています。

こう説明すると、意外と皮脂の重要さがわかってきます。

 

皮脂は、皮脂腺から出てくる脂分と汗が混ざり合ってできる天然のクリームです。

オイリー肌でテカって困る!という人もいるとお見おますが、本来は、肌の表面を守ってくれています。

 

バリア機能を果たしてくれているのが「皮脂」です。

 

この皮脂が正しく分泌されていないと、肌が伸びないし、バリア機能が低下して、外敵が肌の奥に侵入してきます。
そうすることで、肌トラブルが増えていきます。

 

美肌には、「皮脂」のコントロールが重要

 

こう考えると、皮脂がどれだけ重要かわかります。

 

洗顔で洗いすぎて、皮脂を摂り過ぎたりしているといつまで経っても肌は良くなりません。

 

洗顔の回数、方法を見直す
クレンジングを見直す

 

などなどがあります。

皮脂をとり過ぎないように、適度に残す。

脂ギッシュだな?と思わない事です。

 

適度な皮脂は、天然のクリームです。

 

摂り過ぎると、肌トラブルが加速します。

毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

美肌を作るには、「弾力」と「伸び」が重要。ダメにする洗顔とは

読了までの目安時間:約 5分

スキンケアは、方法次第で肌を痛めてしまいます。

 

その代表例とは

 

洗いすぎ(洗顔)

 

です。

 

洗いすぎ(洗顔)

これによって、多くの人が肌の調子を狂わせています。

 

脂ギッシュなあなたは、、洗顔をしっかりと泡立てして、鼻周り、オデコ、アゴ部分などはギュギュっと擦っていませんか?

 

しっかり擦って汚れを落として、水で流すと、すっきりさっぱり。

肌を触っても、脂ギッシュな感じがなくなって、触ると、キュッキュっという感じに。

おまけに、最後は、タオルでぐーーーっと鼻周り、オデコ周りをこするようにして拭く。

 

ちょっと皮脂がついているぐらいの強い力で。

ここまでやれば、確実にスッキリします。

 

洗顔してやったぜ!!

 

という感覚になりますね。

 

最も洗顔の勘違いとは

 

あとは、洗顔の基本と言われている

 

「汚れをしっかりと落とす事」

 

これを結構勘違いしている人が多いです。

 

<勘違いその1>
メイクが肌に残った状態だと色素沈着が起こるから、家に帰ったらすぐに化粧は落とさないといけない

 

<勘違いその2>
たっぷり泡で洗顔した方が肌に刺激が少ない

 

2つとも間違いです。

 

でも、この洗顔方法をやりすぎていると、しっぺ返しをくらいます。

 

そのしっぺ返しとは、

 

乾燥

 

これです。

 

美肌を作るには、「弾力」と「伸び」が必要です。

 

10代の頃は、肌をさわるともちっとした感じだったと思いますが、それは、この「弾力」と「伸び」が生み出しています。

でも乾燥は、これを邪魔します。

 

肌をカサつかせ、くすみ、シワの原因を作ります。

 

年齢を重ねるとシワやたるみができる理由とは

 

肌の弾力は、実は、真皮の厚さで決まっています。

 

<肌の構造>
・表皮(表面に近い)
・真皮(表皮の真下にある)
・皮下組織

 

真皮が一番厚みがあり、ここがふっくらしていると肌に弾力があります。

真皮は、コラーゲンやエラスチンなどからできていて、この隙間に水分が保つ力をもったゼリー状のヒアルロン酸があります。

 

そのため、コラーゲンやヒアルロン酸が化粧品には多く入っているんですね。

 

コラーゲンやエラスチンは年齢を重ねるにつれ、どんどん減少します。

 

ということは、つまり

 

真皮がうすくなる

 

そのため、肌の弾力が失われて、シミ、しわたるみ、ができやすくなります。

 

肌の老化を遅らせるスキンケアとは

 

真皮の厚みは、10代と50代では、1mぐらい変わります。

これは、年齢を重ねるから仕方ありません。

 

でも、これを正しいスキンケアすると遅らせる事が出来ます。

化粧品だけでなく、毎日の食事も大事です。

 

弾力を作るためには、肌をつくる栄養素も取ることが大事です。

 

 


 

毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

 

毛穴、日焼け、クマなど7つのトラブル別洗顔方法をご紹介。

読了までの目安時間:約 6分
お悩み:鼻やほっぺの毛穴が開いて黒いプツプツが目立つ・・・
気になる鼻の頭に泡を少しつけおきします

 

毛穴に汚れがたまってできる黒ずみ。
かといってゴシゴシこすることは逆効果です。

 

他のトラブルも招いてしまいますからね。

 

鼻のプツプツが気になる場合は、しっかりと泡立てた泡を鼻の頭にやさしくのせて、1〜2分ぐらいおきます。
泡は置き過ぎると逆に乾燥してしまうから気をつけましょうね。

 

突っ張ってこないことを目安に泡を乗せましょう。
泡を置くことで、汚れが浮き上がり、毛穴がきれいに引き締まります。

 

お悩み:うっかり日焼けで肌がくすんで黒ずんできました。。。
「強い手の動き」と「クレンジング剤」に要注意!

 

夏の日焼けに、季節の変わり目の疲れ肌、乾燥していますね。
これは、角質がなくなっている、ということです。
まずはこすりすぎない事が大切です。
柔らかく洗いましょう。

 

日焼けのダメージには、ローションパックも効果的です。

 

 

また、手が強すぎることのほか、クレンジング剤が強すぎて悪化させている場合もあるので、リキッドタイプのようなやさしいものを選びましょう。
黒ずんできた人は、すすぎが足りなくて酸化した可能性も。。。すすぎは充分に!!

 

お悩み:疲れるとクマがくっきり。人相が悪く見えてしまう
首をしっかりケアすればクマもくすみもクリア!

 

クマは、水分が足りないこと、血行がよくないことが考えられます。
血行がよくないと血液が黒っぽくなってきて、皮膚の薄い目もとは黒ずんで見えてしまうものです。
だけれど目のまわりは強く触っちゃいけないんですよね。
実は、首を洗うと、クマがちゃんと消えますよ。

 

体と顔はつながっているので、つなげている首を洗って、血液やリンパの流れをよくしてあげると、血行がよくなって、顔色もよくなる。
目の周りの透明度が上がり、健康的な顔が戻ってきますよ。

 

お悩み:もう何年も前から季節の変わり目は肌がカサカサします
肌を休ませて肌の力を回復させます

 

たとえば、秋口の肌は、夏疲れで乾燥が厳しいですよね。
アトピーなどでないかぎりは、水分が足りない、ということ。
水分補給をしてあげたいところ。
ですがこれが「カサカサ」まで乾燥させてしまったら、ケアが必要です。

 

この場合、最初の2〜3日は泡洗顔をお休みして、ミルクタイプのクレンジングで2回、汚れを落とすだけにして、肌が回復するまで、ゆっくり休ませてあげましょう。
肌が落ちついてきたら、洗顔を再開します。

 

お悩み:あごやおでこにニキビがボコボコ。早く治したい!
毛穴のつまりは泡をのせて開かせます

 

ニキビ、といっても、本ニキビのほか、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビなど、いろいろありますよね。
たとえば白ニキビは、ニキビになる前のもの。
乾燥して毛穴から脂が広がっていかなくなる状態ができているもの。

 

だから、最初はこすらないように、泡を少し置いておいて、毛穴の固まっている皮脂膜のところの口が開きやすすくしてあげることが大切です。

 

本ニキビや黒ニキビも、泡をのせておきますが、刺激しないよう、肌を動かさず、ゆっくり洗顔をしましょう。

 

お悩み:大きなシミが何年もとれません。病院にいくしかない?
正しい洗顔でターンオーバーを促して

 

肌のターンオーバーが正常に行われれば、シミの原因であるメラニンは角質層で垢となって剥がれていき、シミが消えていきます。

 

まさに洗顔をするべきです。

 

ゆっくりと丁寧に正しい洗顔をすると新陳代謝が上がり、ターンオーバーがスムーズになります。
1〜3ヶ月程度で結果が出てくる人が多いです。

 

お悩み:おでこのシワがおばあちゃんみたい。一生つきあうのは・・・
ゆっくり、ていねいに、皮膚を動かさない洗顔を

 

シワは乾燥が一番の原因と思われますが、それ以外の原因は強く触りすぎていることです。
シワが強く出ている人は、自分が強く触っている、ということに気づいていない人なんですよ。
でも気になるから、ゴシゴシ触ってしまう。

 

肉質がやわらかい人も、ほうれい線が出やすく、下がりやすいタイプです。

 

目だけを上げる癖の人もおでこにシワができやすい。
シワが気になる人は、とくに気をつけて、皮膚を動かさないように洗うことを意識しましょう。

 
毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

 

 

間違った洗顔方法、あなたもこの方法していませんか?

読了までの目安時間:約 6分

女医乾燥肌

洗顔が気になりだすと、毎朝、毎晩やっていませんか?

 

繰り返し何度も洗顔するとかえって老化を促進してしまうことに。。。

 

こんな洗い方していませんか?

 

1つでも当てはまったら要注意です。

 

□ 洗顔は手早くササッと10秒で完了!
□ 洗顔料は泡立てずに使う
□ ゴシゴシこすって汚れを落としている
□ 洗いあがりはいつも肌が赤くなっている
□ 洗顔後、あごがざらついている
□ 洗顔後、顔が突っ張って痛い
□ 息を止めて一気に洗う

 

これはNGです。
これで洗えば洗うほど、顔を老けさせてしまいます。

間違った洗い方が、シミ・シワ・毛穴を悪化させる!


ゴシゴシ洗顔でキレイを削っていたのです・・・

「きれいになりたい!」思いが老化を早めることも・・・

 

「洗顔」の目的は、顔の汚れを落とすことにあります。
とても簡単なことに思えますが、実際に「肌に負担をかけず、汚れだけをきちんと落とす」ことができている人は少ないと思います。

 

原因の一つは、強く、こすりすぎてしまうパターン。

 

これは、汚れと一緒に肌に必要な皮脂膜や保湿層など、大切なものまでとってしまい、肌の潤いやバリア機能をそこね、肌の老化を進めてしまいます。

 

反対に汚れを落としきれていない場合もあります。

 

化粧品や日焼け止めなどの化学物質が肌の表面に蓄積され、毛穴がつまり、肌の働きが落ちていきます。
毛穴の汚れが酸化すれば、ニキビの原因にもなり、色素沈着を起こして、くすみやシミになる、などトラブルが増えます。

 

頑固で大きなシミが出来ていたとします。

 

さまざまな方法を実践してきたようですが、シミは薄くならず、ますます大きくなっていったようです。

 

シミが大きくなった原因の一つが、動作の早さです。

この方は、なにごとも動作が早く洗顔ひとつとっても、てきぱきと素早すぎました。

 

整理整頓などが素早いのは良いことですが、洗顔に限っては逆効果です。

 

息を止めて洗ったり、洗顔料をきちんと泡立てずに使ったりと、「手早さ」は大雑把につながります。

 

これをゆったりとした洗顔に変えるとシミは薄くなっていったとの事。

美肌を作る3つの要素

 

泡と深い呼吸、そして優しい手

 

肌は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層からできています。
外に面しているのは角質で、その厚さは、0.02ミリ。

 

粉薬を包む、オブラートなぐらいしか厚さはありません。

 

 

私たちがふだんお手入れをしているのは、この表皮。
思っている以上にとても薄く、繊細です。

この表皮を覆っているのが、皮脂膜です。

 

皮脂膜は毛穴の皮脂膜から分泌された皮脂と、汗膜から分泌された汗が混ざり合ってできた天然のクリームで、理想的な保湿剤です。

 

肌のバリアとして働く大切な機能です。

もし、ゴシゴシ表皮をこするような洗顔をすると、皮脂膜や保湿層まで取れてしまいます。

 

また、表皮に、不要な水分や老廃物、脂がまたると、シミやニキビが生じたり、毛穴が開いたりします。
つまり、メイクや汚れだけをきちんと落とし、しかも、肌の持っている、いい成分は残す、という洗顔方法が理想的です。

 

それに注目されているのが、呼吸洗顔です。

呼吸洗顔とは

 

キメの細かい泡で、顔をやさしく包むように洗っていきます。
直接手の平で肌を洗うのではなく、泡の圧だけで、顔を洗っていきます。

肌をこすらずに、泡に毛穴や肌表面にある溝などの汚れを、吸着させてとる、という洗い方です。
汚れや老廃物を落とせば、汗膜や皮脂膜の働きもよくなるので、皮脂膜も張って、肌の潤いをしっかり保てます。

また、細く長く息を吐きながら、ゆったりとした手の動きで泡を動かすことも特徴です。

 

深い呼吸をすると新鮮な酸素をたくさん取り組むことができ、顔の血行もよくなり健康的な肌色になります。

 

肌の新陳代謝も上がり、ターンオーバーの周期も早まります。
目をつむり、深い呼吸に合わせて顔を洗うことで、リラックス効果も生まれ、美肌への相乗効果も期待出来ます。

 

洗い方が上手になると、肌の透明感が上がり、しっとりと潤ってくれるようになります。

 

目に見えて、肌が美しくなっていくのを実感しますよ。

 
毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

 

風呂あがりの肌の勘違いと唇が乾くサインを見逃すな

読了までの目安時間:約 6分

お風呂じつは、お風呂あがりの肌は、入浴前よりも乾燥している事をご存知ですか?

 

湯気がほんわりと立ち込めるお風呂は、肌がしめってうるおっているように感じます。

 

でも、実はイメージとはうらはらに、お風呂は肌を乾燥させる場所なんです。

 

 

あたたかい蒸気は、肌を乾燥させます!
水分が肌から蒸発する時、一緒に皮脂も飛んでいくんです。

 

アブラは、実は、暖かくなると溶ける性質なんです。

 

長時間の長湯がダメな理由はここにあります。
お風呂から上がると、肌がかゆくなるのもそれが理由なんです。

実は、お風呂上がりは意外と油断できないんです。

唇が乾く時、実は、脱水症状のサイン!

 

人間の身体は、水分で出来ています。

 

何と、60%〜70%とも言われています。

 

皮膚は、その水分を包み込んで守ってくれています。
優秀な機能の表皮や真皮が、皮膚から水を1滴ももらさないように包み込んでくれます。

 

肌にばかり関心がいきますが、実は口唇も大事です。

 

角質層が極端に薄くほとんど膜のような状態です。

傷がつくとすぐ痛くなりませんか?

 

身体の内側がむきだしに近い状態で見えている肌の一部です。
口唇が乾いているということは、身体の内側が脱水している証拠です。

肌の内部も口唇と同じように乾燥しています。

 

そのため、保湿することが大事です。

 

体内の水分は、呼吸をしているだけでも失われていくので、日中はこまめに水分補給が必要です。

では、どれぐらい水分補給が必要だと思いますか?

 

少なくとも30分に1回は、水を飲むぐらいです。

 

特に、お酒を飲んだ後は、アルコールを分解するために体内の水分を一気に使います。
いつもより多めに水分を取りましょう。

 

足がつるのも水不足!
たっぷりと水分を補給しましょう。

肌の老化には、タンパク質が大事!

タンパク質身体には、いろんあ臓器がありますが、その中でも皮膚の枠割は、外からの刺激をシャットアウトすること。
次が、うるおいの蒸発を防ぐことです。

 

肌の外側ばかりのスキンケアが目立ちますが、

 

たまには、肌の内側のスキンケアも必要です。
そのためには、毎日の食事にかかわってきます。

 

栄養をとり、血液の循環を高めて、栄養や酸素を体の隅々にまで行き渡らせる必要があります。

 

肌のもとになるのは、なんといってもタンパク質です。

弾力のもととなるコラーゲンも、タンパク質の1種です。

 

そして、その素材を肌組織として作って、正常に機能させるために働くのが、ビタミンやミネラルです。

そのためには、魚、肉、豆類、卵などを積極的に摂る必要があります。
さらに、口からとった栄養を消化吸収して肌まで届けるために、胃腸を健康にして全身のめぐりをよくしないといけません。
冷たいものを食べて胃腸に負担をかけたり、身体を冷やすのは頻繁にするのは控えましょう。
人間は、不思議なもので知らず知らずの間にわかっていて、実践しています。

 

例えば、コース料理で、メインディッシュの前に温かいスープを飲む、ビールを飲む前にお通しを食べて胃の冷えを防ぐといったことをしています。

 

肌は、内側の臓器をまもるために外側で頑張っています。
臓器が弱くなってくると、肌はそれをフォローします。

 

例えば、便秘で体内に老廃物がたまると、吹き出物という形で、肌に出てきます。

 

吹き出物ができていたらそういう原因があることを頭の片隅に置いとてくださいね。

胃腸が元気な人は、肌が丈夫な人が結構います。
年齢にかかわらず、皮膚に弾力があって、少々の乾燥や刺激には負けません。

 

肌ばかりではなく、たまには内側のケアにも目を向けてみると、今まで解決されなかったことが解決されるかもしれませんよ。

 
毛穴洗顔|100人の体験談から導き出された洗顔と毛穴ケアとは|毛穴洗顔料ガイド

 

毛穴のスキンケア方法
毛穴の悩み場所 体験談
洗顔を価格で選ぶ
人気記事ランキング
体験談・レビュー
クレンジング商品
洗顔商品
毛穴スキンケアコラム